【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > BlackBerry CyberSecurity とは > CylancePERSONA

CylancePERSONA

CyberSecurityののアイコン画像

AI駆動型の継続的な認証機能と行動分析機能

ユーザーの位置情報やデバイスタイプに関する情報などに基づき、セキュリティポリシーを動的に適用します。内部脅威、認証情報の漏洩、デバイスの盗難によるリスクを軽減します。また、ヒューマンエラーや善意のIT回避策も防ぐことが可能です。

CylancePERSONATMとは

CylancePERSONATMは、ユーザーの位置情報や動作、ロケーションに基づく継続認証ソリューションです。
Cylance AIの予測機能により、セキュリティポリシーを動的に適用し、情報漏洩など未知のセキュリティリスクを回避します。

適応型保護

予測型AIと機械学習による適応型エンドポイントプロテクション

継続的な認証
img_persona_02.png

受動的な生体認証と使い方のパターンにより、ユーザーの身元を継続的に検証

リアルタイムリスクスコア

状況的なリスクに応じてセキュリティポリシーを動的に適応させる

POINT1
CylancePERSONA™を使⽤すると、特定のビジネスや業界向けに設計された信頼できるユーザー行動モデルを構築可能
また、カスタマイズしたリスクスコア範囲を作成し、各リスクレベルによって実行するアクションの指定も。
POINT2
登録デバイスを一元管理し、全てのアラートを確認可能。
管理者も個人の複数のデバイスを一つずつ確認をしなくてよいので、負担も軽減。
POINT33
PC、スマートフォンどちらにも対応。  
対応OS=WindowsOS、macOS、iOS、AndroidOS

01:ユーザの操作癖をAIにより分析し、リスク回避

ユーザーによる通常のデータアクセスの方法とタイミングを学習し、一貫した信頼性の高いユーザーの行動を特定し、コンテキストに基づいたリスクスコアの判断と作成を行います。キーボードやマウスの操作、ログオン時の挙動から信頼性を学習します。

CylancePERSONAの動作例

02:接続するネットワークの種類を判別しリスク算出

ネットワークの使用頻度を把握し、プロファイルに基づいてセキュリティを動的に調整します。
初めて使用する公共のWi-Fiにアクセスすると、そのWi-Fiに合わせてリスクスコアの自動算出し、リスク回避に貢献します。
※スマートフォン版のみの機能となります。

CylancePERSONAの動作例

03:位置情報によるリスク回避

複数のユーザーの行動パターンと位置パターンを特定し、位置情報に基づくリスクを判断します。
セーフゾーンやデッドゾーンを登録し、操作制御も可能です。
※スマートフォン版のみの機能となります。

CylancePERSONAの動作例

 CylancePERSONATM システム要件

OS Windows10  Fall Creators Update
(version 1709, Redstone 3, build 10.0.16299)以降
.NET .NET4.6.2以降  .NET標準2.0以降
Microsoft visual C++ Microsoft Visual C++  2017 Re-distributable以降
(インストーラーは必要に応じてVisual C++  2017をインストールします)
ドメインユーザーアカウント Persona Desktopのログインではドメインユーザーアカウントを使用します。
※仮想マシーンはサポートしていません

Black Berryに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ

資料ダウンロード

資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.