【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > 導入事例・技術者コラム・その他 > これがBlackBerry Analyticsダッ!! by 新明和 太郎

これがBlackBerry Analyticsダッ!! by 新明和 太郎

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも、新明和 太郎です。
 
実は少し前に「BlackBerry Analytics」と言う機能が使えるようになりました。
 
なので、今回はBlackBerry Analyticsの紹介ダッ!!  
(*゜Д゜)/ダー!!
 
簡単に言うとBlackBerryアプリの統計情報を見ることができます。
 
ちなみに、こちらはBlackBerry UEM環境にバンドルされるわけではなく、別途クラウドサービスでの提供なります。
※NOCの情報から統計情報を生成しているのでクラウドのサービスですが、
 オンプレのUEM環境の情報も取得できますよ。
 
どんな機能かは説明する画面を見てもらった方が早いですかね。
(´・з・)

■Dashboard
engineer_taro_10_171221_pic1.png

この画面で表示されているのは、
 ・当月アクティブユーザ
 ・本日の起動回数
 ・分あたりの使用回数
 ・当月の新規ユーザ数(グラフ)
 ・OS別のアクティブユーザ数(グラフ)
 ・世界でのユーザ分布
みたいな感じですかね。
 
 
■Apps(Work)
engineer_taro_10_171221_pic2.png

この画面の内容としては 
 ・本日の新規ユーザ
 ・本日の起動回数
 ・分あたりの使用可数
 ・本日のアクティブユーザ
 ・アプリの使用状況
 ・機能別のトラッキング、
 ・当月のクラッシュ回数

 みたいな感じですかね。
 
こちらはサンプルでBlackBerry Workアプリの情報を表示しましたが、
当然、BlackBerry Accessなど他のアプリも同じ情報を見れますよ。
 
( -`ω-)どや!
 
 
サンプルとして、監視対象に入れている端末数がちょっと少ないので、
統計情報としては、ちょっと寂しい数字ですが、
500台以上の端末を運用しているユーザさんは、結構興味があるのではないでしょうか?
 
ちなみに、ブラウザで表示される情報はCSVにも出力できるので、
Excel等でもっと見やすいグラフで表現することも出来ますね!
 ( ̄ー ̄)ニヤリ
 
ちなみに、この機能ですが、「Application Edition」以上で利用可能となります。
もし、「Application Edition」が難しい場合は、Analyticsだけのオプション料金もあるらしいですよ(要確認)。

「Application Edition」で使える機能については、以下のページもご参考ください!
https://solution.stec.co.jp/blackberry/price.html
 
と言うことで、今回は 「BlackBerry Analytics」のお話でした。
 
(* ̄▽ ̄)ノ~~ 
 
以上

contact_button_for_blog_s.png


TOP_button_for_blog_s.png

■免責事項
 当社は、細心の注意を払って当社ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
 当社は予告なしに、当社ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
 当社およびその関連会社は、お客さまが当社ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで
 直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

Black Berryに関する無料トライアル/資料請求・お問い合わせはこちらから

30日間無料トライアル

無料トライアルのご案内

資料請求・ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ・資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.