【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > 導入事例・技術者コラム・その他 > MDMが必ずしも必要というわけではない?!アプリ管理というアプローチ by 新明和 太郎

MDMが必ずしも必要というわけではない?!アプリ管理というアプローチ by 新明和 太郎

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも、新明和 太郎です。
 
今回は、アプリケーション管理(MAM)のお話です。
(≧∀≦*)

engineer_taro_19_180226_pic1.jpg
 
弊社のホームページを見るとBlackBerryには、以下のように多くのアプリケーションがあります。
※以下、アプリケーション名をクリックすると、詳細に遷移します。
 
その他・・・
(・・;)
 
これは、BlackBerryのコンセプトとして、デバイス管理(MDM)にたよらず、アプリケーション管理(MAM)だけでセキュリティを保つことに力を入れているからです。
(・◇・;)ナルホド
 
それは、BlackBerryのブログにも記載されています。
【You Can Manage Mobile Applications Without MDM. Here’s How (and When You Want To)】
http://blogs.blackberry.com/2017/08/you-can-manage-mobile-applications-without-mdm-heres-how-and-when-you-want-to/
 
これまでのMDM/EMMソリューションは組織のメンバーをターゲットにしたものでしたが、デバイス管理(MDM)に頼らず、「アプリケーション管理(MAM)」でセキュリティを保てると以下のような用途の実現が可能となります。
 
・既にMDMがインストールされている端末にインストール
 例) 社外取締役、非常勤役員、派遣社員の端末など
 
・VPN等を使わずに取引先に社内のイントラサイトをセキュアに公開
 例) 取引先にBlackBerry Accessのみ公開
 
などなど、組織の枠を超えた利用が可能になるわけです。
特に、Access、Task、Notesの社外展開は、いろいろと応用が出来そうですよね。
w( ̄Д ̄;)wワオッ!!
 
このように、MDM/EMMソリューションの将来は、組織内の端末管理や情報共有だけでなく、
取引先やパートナーとの情報連携に欠かせないソリューションになって行くのかもしれませんね。
(  ̄- ̄)トオイメ 
 
では、今回はBlackBerryのコンセプトである「アプリケーション管理(MAM)」のお話でしたー!! 
(* ̄▽ ̄)ノ~~  
 
以上
 

contact_button_for_blog_s.png


TOP_button_for_blog_s.png

■免責事項
 当社は、細心の注意を払って当社ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
 当社は予告なしに、当社ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
 当社およびその関連会社は、お客さまが当社ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで
 直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

Black Berryに関する無料トライアル/資料請求・お問い合わせはこちらから

30日間無料トライアル

無料トライアルのご案内

資料請求・ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ・資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.