【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > 導入事例・技術者コラム・その他 > DEP から Apple Business Managerへの移行はお済ですか? by 新明和 次郎

DEP から Apple Business Managerへの移行はお済ですか? by 新明和 次郎

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。新明和次郎です。
今回はDEP利用の方へApple Business Managerへの移行のご案内です。

Device Enrollment Program(DEP)は2019年12月1日をもってサービスを終了します。
今後はDEPとVPPを統合しさらに便利になったApple Business Manager(ABM)へ移行することでDEPは変わらずお使いいただけます。

弊社も以前からDEPを利用しておりまして、先日ようやくABMへ移行を完了しました。
今回は移行にあたってのポイントをまとめますので、もしよろしければご活用ください。

移行にあたり必要なもの

・管理対象Apple IDで利用するドメイン
ABMでは管理対象Apple IDというものが発行できます。簡単に言うと会社から従業員向けのApple IDを一括で発行できる仕組みです。この時のApple IDは会社のドメインを利用します。

例えば、example.comを指定した場合はABMから発行されるApple IDは以下の形式になります。
user01@example.com
※user01の部分をABMの管理者が決めて発行できます。

 

移行手順

基本的には画面に表示された指示に従うことで移行は完了します。
設定の途中で「所属する組織のWebサイトを入力」が表示されますので、ここで管理対象Apple IDで利用するドメインを入力します。
※後で変更も可能です。

engineer_jiro_1113.png
この設定さえクリアすればABMへの移行は完了します。

移行後の作業

・VPPを利用されている場合は、トークンの考え方がApple IDベースから場所ベースに変更になっています。
 →Appとブックからどの場所に移行するかを決めて移行を完了させてください。
 →移行後はMDMのトークンも場所ベースのトークンで置き換えをお願いします。

・必要に応じてABMの管理者追加を実施してください。最低でも2名以上登録することをおすすめします。


ABMへの移行は短時間簡単に実施できます。
DEPのサービス終了まで1か月を切りましたのでお早目の移行をおすすめします。


以上


contact_button_for_blog_s.png


TOP_button_for_blog_s.png


■免責事項
 当社は、細心の注意を払って当社ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
 当社は予告なしに、当社ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
 当社およびその関連会社は、お客さまが当社ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで
 直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

Black Berryに関する無料トライアル/資料請求・お問い合わせはこちらから

30日間無料トライアル

無料トライアルのご案内

資料請求・ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ・資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.