【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > 導入事例・技術者コラム・その他 > 企業でスマートフォンを導入するときの確認ポイント①  ~要件・ネットワーク編~

企業でスマートフォンを導入するときの確認ポイント①  ~要件・ネットワーク編~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも、新明和 太郎です。
 
今回は、企業の皆さん(特に情報システム部門の方)がお悩みであろう、
「企業でスマートフォンを導入するときの確認ポイント① ~要件・ネットワーク編」
についてお話したいと思います。
\_(・ω・`)
 
恐らく、ある程度の規模の企業様は、スマートフォンを導入する際、MDM/EMMについて調査されると思います。
いまや、スマートフォンを業務に取り入れるには、MDMやEMM製品の導入が必須と言っても、
過言ではありません。

そして、MDM/EMM製品の導入前に要件やネットワークなどの確認が必要となってまいります。
以下には、導入前の基本的な確認ポイントを書いていきますね!
※少し、新明和 太郎の主観が入っていますが、ご容赦ください。。。(;^_^A アセアセ
 

企業にスマートフォンを導入する際の確認ポイント

1.従業員が利用するデバイスの種類はどんなものがありますか?
 ①iPhoneなどの1種類の端末のみ
 ②iPhone、Android、WindowsPCなどマルチデバイス対応が必要
   
 ※社給携帯の場合、iPhoneのみのパターンが多いですね。
 
2.MDM/EMM製品のソリューション形式は、どういったものを希望しますか?
 ①オンプレミス形式(Windows or Linux or アプライアンス)
 ②クラウド形式
 
3.デバイスOSの独自機能の利用は必要ですか?
 ①Per-App VPN (iOS)を利用する
 ②Android Enterpriseを利用する
 ③①②のいずれも利用する
 
4.スマートフォン(端末)の管理は誰が実施しますか?
 ①情報システム部で端末管理を行う
 ②ユーザ自身による端末管理を認める
   (ユーザ側で端末設定、遠隔消去を可能にする)
 
5.どのような機能を、ユーザに提供しますか?
 ①メール、カレンダ、アドレス帳
 ②セキュアブラウザ
 ③共有フォルダ参照
 ④ビジネスチャット
 ⑤Officeファイルの編集
 ⑥自社開発アプリ
 
6.メールサーバ(グループウェア)の種類は何を使用しますか?もしくは使用中ですか?
 ①Microsoft Exchange
 ②Exchange Online(Office365)
 ③IBM Domino
 ④SMTPサーバ
 
7.外部公開していないイントラネットサイト、メールサーバ、ファイルサーバ等へのアクセスは必要ですか?
 ①アクセス可否およびファイアウォールへのインバウンドポート設定の可否を確認し、設定を行う
 ②そもそも社内アクセスは必要ない
 
8.導入規模はどのくらいですか?
 ①企業全体に導入する(ユーザ数、端末数)
 ②企業の特定部署のみに導入する(ユーザ数、端末数)
 
9.選定されたMDM/EMM製品のバージョンアップ(ロードマップ)は確認されましたか?
 ①今後の新規機能の追加はありますか?
 ②新たなデバイスOS対応の予定はありますか?
 などなど
 ※MDM/EMM製品の導入後、少なくとも端末入れ替えの2年間は
  同じ製品を使い続けると思います。よって、数年使い続けるにあたり、この確認項目は重要です。
  新OSリリースへの対応速度などはMDM/EMMメーカの体力にも関係してくるので結構重要!!
 
などなど、新明和 太郎が思い付くだけでも結構あります。
組織によっては、ネットワークの要件など含めて、
もっともっと多いかもしれませんね。。。
()´д`()ゲッソリ・・・
 
ではでは、もう少しシンプルに考えてみましょう!!
ヾ(・ω・。`)
 
◆将来的にBYODも検討しますか?
  「YES」の場合
   マルチデバイス対応が必要です。
   よってiOSとAndroidで統一された運用が出来たほうが、管理者の負担が軽減されると言えます。
   マルチデバイスでも運用に大きな差のないMDM/EMM製品を選定することが得策でしょう。

ちなみに、BlackBerryの場合、アプリケーションのみの管理もできるので、
iOS/Androidに運用の差があまり無く、管理者が管理しやすいですよ。
詳しくはこちら>>>
merit_button.png

 
外部公開していないイントラサイトへのアクセスが必要ですか?
  「YES」の場合
   「インバウンドポートの開放がNG」な場合
    =>外部のNOCを利用するNOC方式を採用しているソリューションを選定することが得策でしょう。
   「インバウンドポートの開放がOK」な場合
    =>NOC方式意外でも、直接ファイアウォールにインバウンドで穴をあける形式でも良いでしょう。
      ※ソリューションによっては、リバースプロキシやF5などのゲートウェイを
       別途用意する必要があるので注意

ちなみに、BlackBerryはNOC形式です。
NOC形式がピンとこない方は、こちらのネットワーク構成図をご参考ください>>>
service_button.png

 
 
※iPhoneのみの利用で、かつ、社内アクセスが必要ない場合、
 正直言ってどのソリューションを選択してもあまり大差が無いかも、と新明和 太郎は思います・・・
 
ダガシカシ!!
<(`・ω・´)ゝビシッ!
 
だぶん、あまりピンと来ないですよね。。。
(もしくは、そんなの解ってるわい。。。みたいなw)
(*´・∀・)
 
それを解決する方法は一つしかありません!!
それは、実際にトライアルしてみることです!!
(^▽^;) これ一番!!
 
特に社内アクセスに関しては、どのようなインフラが必要なのか?
メール、カレンダ、アドレス帳などはどのようにアクセスできるのか?
管理画面の使いやすさは?
などなど、実際に触ってみないと解らないことが多いです。
それに、トライアルを実施せずに導入してしまい、失敗したお客様のケースを数多く見てきました。
φ( ̄ー ̄ )メモメモ
 
と、言うわけでBlackBerry UEMのトライアルをやってみたい!!
と言う担当者様はお気軽にご連絡ください!!
(屮゜Д゜)屮カモーン
 
弊社では、無料トライアルを提供していますよ!
trial_button_for_blog_s.png


と言うことで今回は、
『企業でスマートフォンを導入するときの確認ポイント①』でした!!
(* ̄▽ ̄)ノ~~ 

もし、何かご質問等あれば、お気軽にお問い合わせくださいね。 

次回は、~アプリケーション(MDM/EMM製品)編~と題して、
アプリケーションそのものの特長についてお話ししたいと思います♪


contact_button_for_blog_s.png


TOP_button_for_blog_s.png


■免責事項
 当社は、細心の注意を払って当社ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
 当社は予告なしに、当社ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
 当社およびその関連会社は、お客さまが当社ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで
 直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

Black Berryに関する無料トライアル/資料請求・お問い合わせはこちらから

30日間無料トライアル

無料トライアルのご案内

資料請求・ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ・資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.