【Office365,Exchangeと連携】MDM・セキュリティ・BYODならBlackBerry

HOME > 導入事例・技術者コラム・その他 > iOSをより企業端末化する方法!iOSの監視モードって知っていますか?  by 新明和 次郎

iOSをより企業端末化する方法!iOSの監視モードって知っていますか?  by 新明和 次郎

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
新明和 次郎です。

今日はiOS端末を管理する場合に必ずと言ってもいいほど出てくるキーワード【監視モード】について解説したいと思います。

『監視モード』を簡単に説明すると、企業が従業員の端末をより細かく制御するために必要なモード(設定)のことです。

MDM製品によるポリシー設定をしたことがある方は、各制御項目の横に「監視対象のみ」という記載を見たことがあると思います。一例としてBlackBerry UEMのITポリシー画面をお見せします。
engineer_jiro_2_180528_pic1.png


赤枠で囲ったものが、端末を監視モードにしないと設定できないポリシーです。こう見るとほとんどの項目が監視モード必須になっていますね。端末の遠隔ロックやリモートワイプなどは監視モード無しでも利用できますが、端末により詳細な制限を加えたい場合は、監視モードは必須といっても良いでしょう。

【監視モードに設定する方法】
まず、前提条件として端末の初期設定時に設定することが必要です。
(後で変更することはできません)

iOSを監視モードにする方法は、2通りあります。

①Macに繋いでApple Configurator 2で設定する
②Device Enrollment Program(DEP)を使って遠隔で監視モードに設定する

初期設定時が条件なので、導入時のポリシー設計が重要になってきます。

私個人としては、管理者DEPを利用して監視モードの設定とMDM(BlackBerry UEM)への自動登録をおすすめしています。

もちろんBlackBerry UEMはこのおすすめ構成に対応していますよ!


以上

 

contact_button_for_blog_s.png


TOP_button_for_blog_s.png


■免責事項
 当社は、細心の注意を払って当社ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
 当社は予告なしに、当社ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
 当社およびその関連会社は、お客さまが当社ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで
 直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

Black Berryに関する無料トライアル/資料請求・お問い合わせはこちらから

30日間無料トライアル

無料トライアルのご案内

資料請求・ご質問・ご相談などお気軽に

お問い合わせ・資料請求

(C) 2017 ShinMaywa Soft Technologies, Ltd. All rights Reserved.